韓国ドラマトッケビ、君がくれた愛しい日々のあらすじと感想!

人気韓国ドラマ「トッケビ」を観たのであらすじ、感想をネタバレ込みでまとめてみました。

高麗時代に命をおとしたはずのヒーロー、キム・シンが神によって永遠の命をもつ”トッケビ”となる。シンを永遠の鎖から解き放てるのは運命づけられた”花嫁”のみ・・・900年もの長きに渡って花嫁を待っていたシン、彼は解き放たれることができるのか?!

というファンタジーチックなラブストーリー。

これからネタバレを含む内容を紹介します、よければ動画を無料で読む方法をご覧ください。

U-NEXTで韓国ドラマ「トッケビ」を無料見る

トッケビのネタバレ

時は”高麗の戦国時代”。

武将キム・シンは、困難な状態に陥りながらも多くの戦いを勝ち抜いて都に凱旋した。

その強さからシンは、民衆からは”神”や”王”と同等に崇められていた・・・しかし、この状況が時の王であるワン・ヨの怒りをかってしまった。

側近のパク・チュンホンに言われるがまま・・・王は、シンと彼の一族を逆賊として処刑するのだった。

王の妻キム・ソンもシンの妹であったため、ヨはためらいながらも処刑を課してしまった。彼女が亡き後、自分が取ってしまった行動を激しく後悔してウツにも近い状態、自暴自棄になってしまった。。

王のため、国のため自分の力の限りを尽くしてきたのに逆賊として処刑されることになってしまったキム・シン。

一度は死んだ彼だが、神の意志で永遠の命をもつ”トッケビ”として生まれ変わった。

主君の裏切りで一度死んだシンは、今度は神のイタズラかと思われる力で900年もの長きに渡って生き、その間、大切な人を何人も見送ってきた。最初は神からの褒美と感じた”永遠の命”も神からの罰なんだと感じるのだった。

永遠の命をもつトッケビが再び死ぬためには、彼の胸に突き刺さった剣を抜く必要があった。しかし、その剣を抜くことが出来るのは運命づけられた”トッケビの花嫁”のみ。

永遠にも感じる時間を一人で過ごしてきたトッケビ。

時は移り変わり”現代”へ・・・。

高校生・ウンタクは、母のお腹にいた時に交通事故で死にそうになった母がトッケビに助けられたこともあり、生まれながらにして霊感をもっていた。

しかし、助けられた母の命もウンタク9歳の時についえるのだった。。母が死ぬ際、ウンタク自身も死神に連れ去られそうになりつつも謎の存在によって助けられるのだった。

母なき後は、叔母に引き取られるもののウンタクに愛情を寄せる人は誰もいなく・・・高校生になったウンタクは一人さびしく海辺で自身の誕生日を祝うのだった。願い事を口にしながらロウソクを吹き消すと・・・

そこには呼び出されたトッケビが姿をあらわす。

初めて顔をあわせた二人だが、最初こそ溝があったが時間が経つほどに急接近していく・・・翻弄された二人の運命が少しずつ解き明かされるのだった。

トッケビの感想と考察

ファンタジーなストーリーだったので、設定的にどうなのかな?!と恐ごわ観てみた韓国ドラマ「トッケビ」でしたが、観ていく中で回を経ればへるほどストーリーに引き込まれていきます。

次はどうなるの?ウンタクとシンの恋愛模様が気になって、次々と作品を見続けてしまったというのが正直な感想です。

トッケビはウンタク達2人の恋愛ストーリーだけではなく、一度は死へウンタクを引きずり込もうとした死神も絡んできて、交錯する運命に息もつかせぬ内容です。

韓国ドラマの中でも秀逸といえる作品ですね。まだ観ていない場合は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

以上、トッケビのネタバレ・感想を紹介しました。

コン・ユと、キム・ゴウンという二人のスターの演技力のおかげもあって、かなり見ごたえのある作品になっています。

見る場合は、たぶんイッキ見したくなると思いますので時間がある時に見てみてくださいね

U-NEXTで韓国ドラマ「トッケビ」を無料見る